プレデートの活用(出会い系サイトの事例)について

プレデートをする目的についてよく分からないという問い合わせをいただいたため、出会い系サイトで女性と知り合う例を取り上げて、プレデートの真価について解説したいと思います。

まず、出会い系サイトで女性と知り合い、二人きりで会うところまでこぎつけたと仮定します。

初回のデート場所に飲み屋を選んだとすると、男性が二人分の食事代を負担することになるため、最低でも5千円は費用がかかってしまいます。

会える女性の候補が一人しかいない場合は「この機会を逃すと後がないかも」という気持ちになり、緊張や気負いにより余計な力が入るでしょうし、「食事代に5千円もかけるのだから、結果を残さなければ」という焦りが出るかもしれません。

そして、このような穏やかではない状況でデートに臨むと、悪い方向に転ぶものです。心当たりのある方も多いのではないでしょうか?

それでは、話を変えます。

あなたのことを「すごい男かも、気が合えば会ってみたい」と思っている女性が15人いて、その15人とLINEで連絡を取り合える状況にあるとしたら、どのような気持ちになるでしょうか?

この15人というのはデタラメな数字ではありません。

飲み屋でのデートに5千円かかるという例をあげましたが、この5千円を使って出会い系サイト(ハッピーメール)でポイントを買うと700Pがチャージされ、700Pも使えば30人以上のピュアな一般女性と連絡を取り合うことができます。

ハッピーメール!(18禁)

サイトでのやり取りはポイントがかかるため連絡先を交換したいところですが、本サイトのノウハウを使えば、この30人のうち15人以上の女性の連絡先を得ることは難しくないですし、「すごい男かも、気が合えば会ってみたい」と思われるように誘導する方法となっているため、二人きりで会った際に、優位な立場で会話を進めることも期待できます。

繰り返しますが、あなたのことを「すごい男かも、気が合えば会ってみたい」と思っている女性が15人いて、その15人とLINEで連絡を取り合える状況にあるとしたら、どんな気持ちになるか想像してみてください。

一人目の女性と会ってみて、うまくいかなかったとしても、彼女候補が14人も残っています。その14人の中には、理想とする女性がいるかもしれません。

このように考えることで、気持ちが楽になり、堂々と立ち振舞うことができるようになるはずです。

問題は、15人もの女性と会うとなると、デートの費用も時間も膨大なものになるということ。

そこで、一人1時間程度のプレデート(面談のようなこと)を行い、お互いが良いと思えた場合のみ、関係を深めていくために本デートに案内するというわけです。

hajimetenokatahe

プレデートはカフェで行うことをお勧めしています。カフェ出会う場合は、女性分のお茶代を負担しても1000円程度で済み、短時間で切り上げられ、会う時間帯の制限も少ないと言えます。

短時間で切り上げるメリットについて、こちらも合わせてご覧ください。

プレデートの際は、決して偉そうにしてはいけませんが、あなたが相手を選ぶ立場といっても過言ではありません。

理想の女性が巡ってくることを楽しみにして、プレデートを効果的に活用していただければと思います。

ハッピーメール
PCMAX “"

関連記事

コメント

当サイトについて

ナンパや合コンは苦手だし、女性と出会う機会もない・・。当サイトでは、そんな大学生や社会人のための彼女の作り方を紹介しています。

まずは、初めての方へをご覧ください。



※サイト作成中です。

ピックアップ記事

2016.10.1

恥ずかしがらずに「かっこいい」を目指すということ

人は、一生懸命頑張ったのに結果が出ないことを恥ずかしく思うものです。 学生のときテスト前に「全然勉強してないよ」と周囲に言いふらし、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る