ドラマ「LOVE理論(ラブ理論)」第2話から「執着分散理論」

LOVE理論 第2話のあらすじ

モテることだけを目的に茨城から東京の大学に進学した童貞男・今田聡。この男が一目惚れしたのが同じ茨城出身の奇跡の美女・桐谷怜子。

そして、なぞのキャバクラ店長・水野愛也から伝授されたLOVE理論により、二人の距離は急接近。

しかし、女性への免疫がない今田は、怜子に執着しすぎてしまう。

それを救うべく水野が授けたLOVE理論のおかげでクラブでブスをナンパし、執着を分散することに成功。

さらにブスとHをすることで女性に対する免疫をつけた今田はすっかりチャラい男になっていくのである。

執着分散理論

複数の女性に同時にアプローチすれば、心の保険ができて好きな女性の前でもテンパらない。

この考え方こそ、当サイトでオススメする女性へのアプローチ手法です。プレデートの活用事例でも紹介した通り、一人の女性を狙い撃ちするのは困難で、女性慣れしていない状況で本命の女性にアプローチするなんて無謀なこと。

複数の女性に同時にアプローチすることで、女性慣れに加えて保険の効果で心にゆとりが持て、上手くいく確率が高まるのです。

一人の女性に執着しすぎて女性から距離を置かれる例として、LINEやメールなどの波状攻撃が挙げられます。「あれ、既読なのに返信がこないぞ・・」と不安になり、メッセージをたくさん送ってしまうというありがちなパターンですね。

また、ドラマでは執着が行き過ぎると、ストーカー化するという例も紹介されていました。恋愛下手な男性ほど、執着が過熱しすぎてストーカー化するものです。

実践編

実際に執着分散理論を使うとしたら、出会いの接点を増やすことになりますが、ドラマのようにクラブでナンパするのは敷居が高いため、出会い系サイトで会っていくのが無難でしょう。

出会い系サイトの活用方法については、こちらで紹介しています。

執着分散理論は、本サイトの根幹とも言える大切な考え方です。ぜひ実践していただけたらと思います。

第2話で初回されたその他のLOVE理論

月曜潮干狩り理論

クラブでナンパすべきはライバルがいない月曜日の朝方。ターゲットは翌日休みの美容師・看護師などがベスト。

女サクラ理論

クラブでイケてる女友達をアピールすれば自分もイケてる男と思われ、ナンパ成功率アップ。

クラブに限らず、実用的な手法です。イケてる人とつるむだけで、「この人は凄い人なのかもしれない」と思われ、一目置かれる場合があります。

キャッチ&リリース理論

会えば会うほど女性の好意&信頼度は膨らむため、キャッチした女は一度リリースした後、再びキャッチ。

似た考え方を、女性と二人で会う際に制限時間を設けよう②の記事で「単純接触の原理」として紹介しています。

BOT理論

あえてブスな女とエッチをする事で性の現実を知り女に慣れて恋愛能力アップ。

童貞やアキバ系などの女性に理想を求めすぎる男性にとって、とても有効な理論と言えます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

ナンパや合コンは苦手だし、女性と出会う機会もない・・。当サイトでは、そんな大学生や社会人のための彼女の作り方を紹介しています。

まずは、初めての方へをご覧ください。



※サイト作成中です。

ピックアップ記事

2017.1.17

女性の心をつかむキーワード(趣味・マイブーム)について

こちらの続編としてもご覧いただけます。 女性と会うため、そして会った女性とのコミュニケーションを楽しむために、女性…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る