体型を改善することで得られるもの②

こちらからの続きです。

 

太っている人は体型の改善=ダイエットをしてから彼女探しをすると良いと紹介してきましたが、太っている、やせてる、普通体型、すべての男性に共通して筋トレ(体を鍛えること)はとてもお勧めです。

下の画像は、筋トレの有用性を紹介する書籍の一節です。

kintore

①身体がカッコ良くなる
②異性にモテる
③テストステロンというホルモンがあふれて気分上々
④上司も取引先もいざとなれば力尽くで葬れると思うと得られる謎の全能感
⑤恋人に裏切られてもバーベルがいるという安心感

「自信がない人は筋トレをしてください。筋トレには次の効果がありますよ」という紹介です。

さすがに④、⑤は冗談にしか思われないかもしれませんが、④の例は極端だとしても、筋肉をつけることで自信がみなぎる「謎の全能感」という感覚が得られることは一概に冗談とは言えません。

アメトークの「格闘技やってる芸人」の中でドランクドラゴンの鈴木拓が「イジられても、一瞬で殺せるからまぁ、いいかって思う」という突拍子もないコメントを残していますが、これは④と同じ理屈なのでしょう。

個人差はありますが、自分の肉体面を鍛えると、自信がみなぎり心にゆとりが持てるのです。

本サイトで「自信と誇り」の重要性を繰り返し発信していますが、かっこいい体を手に入れることは、他人から見てもわかりやすく効果的な上に、筋トレなどの努力をしたという達成感も得られるため、想像以上の大きな自信を手に入れることができます。

 

引かないでくださいね。

極論を言うと、容姿に自信がなくて、経済力やコミュニケーション能力にも自信がない人でも、鋼のようなたくましい体をしていれば、女性にモテます

女性には優秀な子孫を残す本能が備わっており、その根幹はとても原始的なもの。つまり、女性の強くてたくましいオスを求める本能は非常に強いため、体さえ鍛えていれば魅力的に写るのです。

世間では、”細マッチョ”が女性に人気です。そのことは否定しませんし、スラッとした見栄えの良い男性を横に置いて歩きたい女性の気持ちも分かりますが、良識のある女性はメスの本能と反していることに気づいています。

これまでにお付き合いした女性に「付き合う決め手は何だったのか?」と聞いたことがありますが、「二の腕の筋肉に惹かれた」「胸板が厚くて素敵だった」という身体的な理由が返ってくることが良くありました。

私は決してムキムキというほどではありませんが、夏場にTシャツ一枚になると、胸板や二の腕が盛り上がる程度は体を作っています。

筋トレによって自信が得られることや、筋肉をつけると女性受けが良いと知っているため、私にとっての筋トレは苦行ではなく、未来の自分の姿をイメージしながら行える楽しい運動なっているのです。

そして、努力を裏切らないのも筋トレのメリットです。

筋トレをしても効果が出ない人はいません。サボればたるむし、努力し続ければよい状態を維持できる。

しかしながら、筋肉がつき始めるのには個人差があり、それまでに効果が出ずに断念する方がいらっしゃいます。

ダイエットは開始して1週間ほどで効果を得ることができ、そのことがモチベーション維持に繋がるのですが、筋肉をつけるためには助走が必要で、後半に結果が伸びてくるというわけです。

ダイエットに動機付けが必要だったように、筋トレで得られるものをイメージしながら、ぜひ女性にモテる体作りを心がけてみてください。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

当サイトについて

ナンパや合コンは苦手だし、女性と出会う機会もない・・。当サイトでは、そんな大学生や社会人のための彼女の作り方を紹介しています。

まずは、初めての方へをご覧ください。



※サイト作成中です。

ピックアップ記事

2016.10.1

恥ずかしがらずに「かっこいい」を目指すということ

人は、一生懸命頑張ったのに結果が出ないことを恥ずかしく思うものです。 学生のときテスト前に「全然勉強してないよ」と周囲に言いふらし、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る