ファッションに自信がない男子必見。絶対に外さない服装の選び方

ファッションに自信がないのに、自分で服を一着一着選んで買っている男性は「イタイ男」の自覚をしてください。

あなたが、アキバ系男子のファッションを見て「イタイ」と感じるのと同じように、女性から見てあなたのファッションは「イタイ」と思われている可能性が高いのです。

アキバ系男子がファッション(服装)を選ぶ際の気持ちを考えてみます。

彼らは、ファッションに無頓着で、容姿に自信がないため、なるべく目立たず当たり障りない無難な服装を選ぼうと考えます。

まず、足元から見ていきましょう。

言うまでもなく、足元のファッションに意識を向けることができませんので、靴と靴下は適当なもので良いと考えます。安くて履きやすく、無難なスニーカーなどです。

ズボンについても、普通が一番なので、多数決の原理に則り、ジーンズ(ジーパン)やチノパンを選びます。ジーパンにも色や形など様々で、かっこいいものからダサいものまでありますが、そういうことはお構いなしに「履きごことの良いジーパン」と考えます。

メインとなる服ですが、夏は半袖のTシャツ、冬は地味な色のコートやブルゾン。春・秋ものに関しては、目立たず当たり障りないシャツとして、チェックのワイシャツを採用します。

チェックのワイシャツに関しては、派手な色を避けるために、暖色系(赤やオレンジ)ではなく、寒色系(緑や青)を選びます。

シャツをズボンにインして、アキバ系男子の完成です。

akiba

彼らは、見た目や趣味などを抜きにしても、ファッショに関心が薄いため、当然ながらモテません。モテないから彼女が出来ず、誰からも指摘されないため、ファッションに無頓着なまま年を重ねてしまいます。

本記事の冒頭で、「自分で一着一着選んで買っている人はイタイ男の自覚をしてください」と書きました。

ファッション雑誌などでおしゃれを学んでいるような男性は、すでに彼女がいたり、一時的に彼女がいなくても自力で作ることができるでしょうから、意識して彼女を作ったり婚活をする必要がありません。つまり、そのような男性は、本サイトへ訪問していないと想定し、このように書きました。

気を悪くしないでください。

ファッションセンスを一瞬で高める魔法があります。

「パクる=真似をする」ということです。

それも、中途半端な真似ではなく「丸パクリ」のことで、具体的には、デパートのファッションショップに並んでいるマネキンが着ているもの(インナー、シャツ、パンツ、できれば靴まで)を、全て揃える方法です。

別名、マネキン買い、です。

マネキン買いは、普段の自分のスタイルと違ったものも多く違和感があるかもしれませんし、お店で「マネキンが着ているものを全てください」と言うのは恥ずかしいかもしれませんが、今、手元にある服装で女性とデートをする方が、はるかに恥ずかしいし、損をしている可能性が高い、とお考えください。

「デパートは高いし、買いづらい」という方は、ネットショップで買いましょう。マネキン買いができるWebショップがあり、しかもかなり安く、1着のジャケット代程度の価格で上から下まで一式を揃えることもできます。

<10代~30代向け>

<20代~40代向け>

服装以外のシーンでも「パクる、真似る」ことは有効です。

例えば、美容院に行って雑誌を見せ「この人のような髪型にしてください」などと芸能人を真似るのも、とても有効です。

雑誌などで理想的な髪型を見つけたら、スマホで写真を撮るなどしておいて、美容院のスタッフに見せ、「こんな風にしてください」といえば良いのです。

「マネキン買い」こそ、ファッションにおける王道。

恥ずかしがらずに、良いものをどんどんパクリましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

当サイトについて

ナンパや合コンは苦手だし、女性と出会う機会もない・・。当サイトでは、そんな大学生や社会人のための彼女の作り方を紹介しています。

まずは、初めての方へをご覧ください。



※サイト作成中です。

ピックアップ記事

2016.9.13

年収の見せ方を工夫する考え方①

彼女探しや婚活において、女性から年収を聞かれる場合があると思います。また、結婚相談所や出会い系サイトなどで出会いを探す場合は、年収の項目があ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る