映画「船を紡ぐ」を観て

amazonの動画配信サービス「プライムビデオ」で、辞書製作をテーマとした映画「船を紡ぐ」を観て、主演男性のルックスについて感じたことを紹介します。

主演は、写真左側のボサボサヘアーで肩を落としたような佇まいのメガネ青年・・。俳優の松田 龍平さんです。

matsudaryu

眼光鋭いクールなショットがカッコ良い松田龍平さんですが、髪の毛を整えず、似合わないメガネを掛け、Yシャツとネクタイというサラリーマンの姿になると、驚くほどダサく仕上がります。アンガールズの田中卓志さんの例で紹介したのとは逆の大化けですね。

ryuuhei

 

なぜこの映画を取り上げたかというと、上の写真が私の知人(モテない君)にそっくりなためです。私はその知人に対して「顔立ちはそこそこ良いのに、もったいないなぁ・・」と思っていた経緯があったのです。

松田 龍平さんを知らない人がこの映画を観ると「主演の男はダサいしパッとしない。モテそうにないな。」と思うかもしれません。

一見、どこにでもいそうなサラリーマンが、髪型や身につける物の違いによって、イケメンにも、ダサくもなれることの一例として紹介しました。

この大化けが自分にも起こると考え、参考にして頂ければと思います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当サイトについて

ナンパや合コンは苦手だし、女性と出会う機会もない・・。当サイトでは、そんな大学生や社会人のための彼女の作り方を紹介しています。

まずは、初めての方へをご覧ください。



※サイト作成中です。

ピックアップ記事

2018.12.30

奥手男子が彼女とセフレを同時に作るための究極マニュアル

「女性に対して奥手だけど、本当は彼女が欲しいし、欲望も満たしたい!」そんな男性にふさわしいマニュアルですが、次にような幅広い欲望にマッチした…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る